6月分鑑定・セッションお申込みは残り2枠です(6/6更新)

変わりたいのに変われない? 潜在意識を変えてなりたい自分になる方法

海音 えな

こんにちは、海音 えなでございます。
サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

「15年間で6000人を幸運体質に導いたスピリチュアルトレーナー」として活動する私のプロフィールはこちらをご覧ください。

>>海音 えなのプロフィール


行動や考え方、思考パターンなど「今の自分から変わりたい!」と思っても、

 なかなか行動に移せない…

チャレンジしてみたけど挫折して、結局変われなかった…

一度は変わった実感があったのに、また元に戻ってしまった…

そんな経験はありませんか? 

挫折するたびに「結局何をやっても自分はダメなんだ・・・」と 自分を責めて、自己肯定感が下がってしまっている人もいるかもしれません。 

なぜ、人は簡単に変われないのでしょうか? 

その理由は、たった1つ。それは「あなたの潜在意識」によるものなんです。
今回は「潜在意識」をテーマに、なりたい自分に変わるための方法をご紹介します。 

変わりたいのに変われない理由:顕在意識と 潜在意識 

あなたは「顕在意識」「潜在意識」という言葉を知っていますか? 

私たちの中には、「顕在意識(=意識)」「潜在意識(=無意識)」という 2つの意識があります。
この2つによって日々の行動が引き起こされています。 

「顕在意識」と「潜在意識」について、もう少し詳しく説明していきますね。 

顕在意識とは 


顕在意識
とは、
あなたの経験、持っている知識、これまでに受け取った情報などによって蓄積された、「あなたを形作る要素」です。

考え方、思考、感じる印象、自分の感情、価値観など、これらは全て「顕在意識」です。
五感で刺激を感じたり、記憶を呼び覚ましたり、思考したり、物ごとを判断したり、言語化したり…といった働きを担っています。

例えば…

AとB、どっちを選ぶか迷うなぁ…

のように、ものごとを判断、選択したり

◎◎について考えなくちゃ…

と思考する時は、顕在意識が働いています。


潜在意識は、普段生活している中で、あなたが意識する、感知することができる、自分の意思でアクセスすることが出来る意識です。

潜在意識とは

それに対して、潜在意識は、普段あなたが意識していない、知覚出来ない、あることに気づけない意識のことです。

具体的には、これまでの人生の中での経験や知識によって作り出された 価値観・感情・感覚・直感・記憶・想像力などが潜在意識に当たります。

例えば、過去のトラウマや、ついつい言ってしまう口癖なども、潜在意識の1つ。 

早起きしなくちゃいけないのに、朝なかなか布団から出られない

というような自分の意思と反した行動も、潜在意識によって引き起こされるものです。

潜在意識は人の思考のなんと8割を占めると言われています。
普段、自分の意識には現れてきませんが、何かを選択する時、決める時には非常に大きな役割をもたらしています。 そして、この潜在意識こそが、あなたが変わりたいのに変われない原因なのです。

潜在意識を変えるための3つのポイント


では、潜在意識を変えて、なりたい自分になるためには、 
具体的にどうしたら良いのでしょうか?
ここからは、潜在意識を変えるために大切な3つのポイントを紹介します。 

【潜在意識を変えるためのポイント1   自分で制限をかけていることに気づく

人というのは、良くも悪くも経験から学ぶ生き物です。 

どうせ自分には出来ない…

前回できなかったから、きっと今回もダメだろう…

そんなふうに、過去の経験をもとに自分で無意識に制限をかけてしまうと、実際にそのような未来を引き寄せてしまいます。 

潜在意識を変えていくためには、 まずはそのような思考を自分が持っていることに 「気付く」ということが大切です。

潜在意識を変えるためのポイント2 現状維持バイアス

自分を変えようとチャレンジしたことのある人の中には、

チャレンジしてみたけど、気付いたらやらなくなっていた…

チャレンジしようと思ってはいるものの、なかなか行動に移せない

という経験のある人もいるのではないでしょうか。 

これは「現状維持バイアス」によるものです。
人は誰でも、知らないことや経験したことのないことに対して 
無意識的に「怖い」と感じ、抵抗して元の状態に戻そうとしてしまうからなのです。 

この「現状維持バイアス」は環境の変化でも感じます
緊張やプレッシャーで逃げ出したくなる時、ありますよね。それは、この「現状維持バイアス」が働いているから
なのです。

同じように、自分が変化したいと思うときの「自己イメージ」にも「現状維持バイアス」は働きます

自分はこうであるべき、自分はこういう人間だ。

そのような思考パターン、思い込みが自分に制限をかけます。
そしてこの思考パターンは、善悪を問いません。自分が良い方に変化したい時も、悪い方に変化したい時も、同じように制限がかかります。

思考パターンや思い込みで制限がかかると、自分の今の状態、変化前の状態にとどまろうとして、行動にストップがかかるのです。

確かに、人は変化を恐れますし、それは人間の持つ本能として正常な心の動きです。 ですが、そこを変化させなくては、いつまでたっても「なりたい自分」に変わることはできません。 

では、「変わりたい自分を叶える」ためにはどうしたらいいのでしょうか?

潜在意識を変えるためのポイント3 成功体験を積み重ねる

変わりたいと思っているのに変われない時、 人は自分を否定する思考の癖がついています。
思考の癖をそのままにして、自分を変えるために行動しようとしても、 

やっぱり私はダメなんだ…

きっと私には出来ないんだ…

と自分を否定してしまい、 結果的に、自分が思った通りの人生を引き寄せてしまいます
その思考の癖を変えるために必要なのが、「成功体験」を積み重ねることです。

でも、ここで1つ注意点があります。
それは「最初から大きな目標を掲げない」こと。 

最初から大きな目標を掲げてしまうと、達成するまで継続することが出来ず、 「やっぱり私には無理だった」と挫折してしまったり、 再び自分を否定してしまいやすくなってしまいます。 

最初の目標は、どんなに小さなステップでも構いません。 なるべく確実に達成できる目標を設定して実践しましょう。

そして、「動けない」「出来ない」「成功しない」と思っていた自分の思考を、 「これならできる」「私にもできた」というように成功体験を通じて塗り替えていきましょう。 

今回のまとめ

今回は、潜在意識をテーマに、 「変わりたいのに変われない」自分から抜け出す方法についてご紹介しました。
あらためて、今回ご紹介したことをおさらいしておきましょう。 

人が変わりたいのに変われないのは、 「自分はどうせできない」「きっと今回もダメだろう」というようなネガティブな潜在意識が働いてしまっているから。

潜在意識を変えるのが難しい理由は2つ

・潜在意識は自分で自覚することができない
・「現状維持バイアス」がかかって普段の自分に戻ろうとする力が働くから

この2つの理由があって、潜在意識を自分の力で変化させることは難しいのです。

潜在意識を変えて、なりたい自分になるためには、 小さな成功体験を積み重ねて「私にもできるんだ」と思えるようにすること。
潜在意識を変化させるためには、「きっかけ」と「反復して学び、思考を修正する」ことが欠かせません。 そうすることで潜在意識を変化させる正しいやり方を自分に定着させることが出来ます

さらに、潜在意識を変えるためには、 そもそも「自分の潜在意識にどんな情報が眠っているのか」を知る必要があります。
その情報を掘り下げることで、思考をリバウンドすることなく根本的に変化させることができるのです。

今回、その潜在意識の掘り下げをスムーズに行うため、 特別に「あなたの魅力が開花する7日間の無料メールレッスン」をご用意しました。

簡単に毎日自分掘り下げを習慣にしよう」をテーマにした実践的なメールレッスンです。


・私が作成した「マインドデトックス」というツールを使って、7日間自分と真剣に向き合い、思考の整理整頓をする

 

・メールレッスンで出題される宿題にLINEにて回答していただけたら、あなたの思考をさらに深掘り解説、開運アドバイス

 

このような、あなたの魅力を開花させるための解説を、すべて【無料】でおこなっています。

「本気で変わりたい!」「今度こそ変わりたい!」「ネガティブな不幸体質から卒業したい!」
願う人は、 このチャンスにぜひ私と一緒に、7日間コツコツ思考の整理整頓、断捨離を実践しましょう。

↓「無料メールレッスン」のお申し込みはこちらからどうぞ↓


各種お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA