鑑定・セッションお届け1週間待ち、ご予約は公式LINEから

思考を整理して「願いが最短距離で叶う望み方」をしよう

海音 えな

こんにちは、海音 えなでございます。
サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

「15年間で6000人を幸運体質に導いたスピリチュアルトレーナー」として活動する私のプロフィールはこちらをご覧ください。

>>海音 えなのプロフィール

どうして思考の整理をする必要があるの?

 

「思考の整理整頓が大切」と聞くけれど、どうしてかなぁ?と思っていませんか?

実は、望みが漠然としてまとまっていないと、潜在意識は「漠然としてまとまっていない未来」を引き寄せてしまいます

特に「いつかこうなれたらいいな」という夢や憧れは、正しく道筋をつけなければ現実化しづらく、叶わずに終わってしまうことも多いものなんです。

自分の内面にある「憧れ」「夢」「未来への希望」「こうなりたいと思う自分」を言語化し、いつまでに叶えたい目標なのか設定する必要があります。

思考の整理ができない理由

思考が可視化出来ていない

 

思考の整理が出来ない一番の理由は、思考を「見える化」していないことです。

人は、頭の中で結論の出ないことをぐるぐる考えはじめると、思考自体がどんどんこじれてしまうように出来ています。

思考がこじれた結果、自分が本当は何で悩んでいるのか、どうしたいのか、本当の問題はどんなことなのか、がわからなくなってしまうのです。

自分の頭を悩ませる問題について、目に見える形にして、自分の頭から一度出すことが必要です。そのためには、メモ帳やノートに自分の思考を、思いつく限り書き出してみましょう。

「見える化」することで、こじれた思考の糸がほぐれる糸口がわかるようになります。

自分の目標に対するゴール設定が不十分【例:本当に、宝くじを当てたいの?】

例えば「宝くじを当てたい」は、叶いづらい願いです。なぜなら「自分の努力だけでは叶わない願い」だからです。

私は、「宝くじを当てたい」とおっしゃる方には、こんなふうにお伺いしています。

「あなたは、本当に宝くじを当てたいと思っていますか?」

こんなふうにお尋ねすると、8割の方からは、違う答えが返ってくるんです。

本当は「宝くじを当てたい」ではなくて「お金が欲しい」がゴールかもしれません

「お金が欲しい」をゴールに据えるなら、そのゴールを達成するために自分が何が出来るのか、が見えてきます。

例えば、今の自分の仕事に追加して副業をする必要があるのかもしれません。
もしくは、日々の出費を見直すことで、お金に余裕が生まれるのかもしれません。

どうして「お金が欲しい」と思うのか、その理由によってもゴールは変わります。

願いを叶えるためには、自分の目標を整理して、正しく望み、ゴールを設定する必要があるのです。

自分の思考を分類していない

 

自分の中には、日頃の思い、考え、願い、夢、望み、理想、欲望などさまざまな想いが同時並行で存在しています。

ひとつひとつのことがらはシンプルなのに、それらの思考がまとまってしまう、つまり思考がこじれると、どこからどう分類したら整理されるのかがわかりません。

自分の中にある想いは「すでにこじれたものである」と考え、ひとつずつ解きほぐしていきましょう。思考を「見える化」して、自分の頭の中を紙に書き出したら、今度はそれを細分化していきます。

思い、考え、願い、夢、望み、理想、欲望、のように、思考に名前を付けるイメージで分類していきましょう。

これらを分類することで

1)漠然としていた思考に方向性がつく。
2)これまで自分の願いがどこでつまづいていて実現しなかったのかがわかる
3)願いを叶えるまでの道筋が立つ。

この3つを知ることができます。

【望み、願い、理想を叶える3つの手順 完全版】

望み、願い、理想を叶える具体的な3つの手順について、「Aさん」を例に出し、Aさんの思考を3ステップで整頓してみます。

Aさん

えなさん、よろしくお願いいたします!
こちらこそ、よろしくお願いいたします♪

海音 えな

【見える化】ノートやアプリに思考を書き出す

まず【見える化】をしていきましょう。頭の中に浮かぶモヤモヤ、悩み事、やりたいことをすべて書き出してみます。

Aさん

私は就職活動中の大学4年生です。自分にどんな業界が合うのか、どんな仕事に就いたらいいのか悩んでいます…
「Aさんのやりたいこと、頭の中にあること」を、まずは紙にひたすら書き出していただけますか?

海音 えな

すると…こんな言葉が出てきました。

この【見える化】のセクションでは、やりたいことはひとつずつ区切って、なるべく短い言葉で書き出します。

「思考を見える化」することで頭の中にある言葉をとにかく書き出します。そうすると頭の中に思考を残さなくてよい分、自分の容量が広がり、スッキリ、クリアになるはずです。

【分類】書き出した思考を分ける

書き出した思考を【分類】していきます。分類方法は自由ですから、あなたが分けやすい方法で行ってください。

Aさんの場合は、まず下記の画像のように「願い」「夢や理想」「望み」に分けてみます。

Aさん

私は「近い未来、例えば3年後までにこうなれたらいいな、という願い」
「遠い未来、いつかはこうなりたい、と思う夢や理想」
「今これがしたい、という望み」の3つに分類してみました!
Aさん、いいですね!分類したものを、別の分け方をするとさらにスッキリすることもあります。
今回は「仕事」のこと「仕事以外」のことの2つに分けられそうですから、さらに分類してみましょう。

海音 えな

Aさん

こう見てみると、「仕事で達成したいこと」と
「仕事以外で達成したいこと」がごちゃ混ぜですね…

こんなふうに分類すると、
「就職活動のためには、何をやらなければならないのか」
がわかります!

やりたいことに優先順位を付けられますね!

【俯瞰】分けたノートの内容を客観視してさらに深掘り

可視化して分類した夢を、さらに深掘りしていきます。

自分の思考を整理するときに大切なのは「客観視」することです。

自分のことだ、と思うと

「これがしたいけど、◎◎さんがきっと反対する…」
「時間がなくてきっとできない…」こんなふうに「できない理由」が出てきて、手が止まってしまう方もいます。

思考の【見える化】【分類】の際に「できない理由」を上げてしまうとそこで思考が止まってしまいますそこで「誰かの相談を受けているつもり」になって、なるべく客観的に見て書き出しましょう。

そして、【分類】後に深掘りをする時には、出てきた言葉に対して
「なぜそう思う?」「私はどうしたい?」
と自分に問いかけてみましょう。

自問自答することで、その問題の裏側に隠れている「根本原因」を見つけるきっかけになります。

Aさんが「やりたいこと」を掘り下げた理由は、「就職活動」でした。

【見える化】【分類】のステップを踏んだ後に客観的に【俯瞰】してみると、どんな会社をAさんが求めているのかがわかります。

Aさんが求めている会社・仕事を見つけるために掘り下げた結果、Aさんの方向性はこんなふうになりました。

Aさん

すごくスッキリしました!この方向性を忘れないように
エントリーシート作ります!ありがとうございます!!

これは、あくまでAさんの一例です。

ぜひあなたも、自分の思考を整理するために【見える化】し【分類】してみてください。そして最後に書いたものを、高い空を飛ぶ鳥の目になって【俯瞰】してみましょう。あなたの頭の中の全体図が見えてくるはずです。

まとめ

思考の整理を進めていくことで、あなたの本当の望み、いわゆる「魂の望み」がわかります。

自分のことは自分が一番よくわからない、それは誰でも同じです。ひとりで自分の思考を掘り下げて、自分の本当の望み、「魂の望み」を知ることは、難しいですよね。

そんなあなたに、7日間の無料メールレッスンをご用意しています。

 

7日間集中して、自分の本当の望みを掘り下げていきましょう思考の整理整頓に最適なツール、「マインドデトックス」を無料でプレゼントしています。

さらに、公式LINEから宿題をご提出くださった方には、個別で深堀り解説をお届けしています。

自分の思考の整理整頓をどんどん進めていきましょう。私はいつでも、あなたの変化を応援しています。

各種お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA